コラーゲンと線維芽細胞 乾燥肌にヒアルロン酸に効果がある秘密

お肌にしっとりした保湿やきめ細やかさを保つためにコラーゲンを積極的に摂取する人は多いです。
確かに、コラーゲンは体内で美容に良い面がありますし、関節など健康にも重要な働きをしてくれるので、摂っておいて損はない成分です。

 

ただ、コラーゲンは食品などで口から取り入れた時に、一度消化されてから、また体の中で生成される他、あまり吸収率が良くないというデメリットがありました。
コラーゲンを上手く摂取する方法はないのでしょうか?

 

実は、コラーゲンを上手く体内で増やす方法が二つあります。
1つは、吸収されやすいコラーゲンを摂取する方法と、もう一つは、体内の線維芽細胞を増やして、コラーゲンやヒアルロン酸など美肌に効果がある成分を生成することです。

 

吸収されやすいコラーゲンは、ただの「コラーゲン配合」としか書かれていないような食品やサプリメントではなく、各美容品メーカーが研究して吸収率の高いコラーゲンを配合しているサプリや食品が販売されています。

 

線維芽細胞は、ヒトが元々もっている細胞ですが、歳と共に数が減少するので、増やす・または維持する効果が分かっている食品を取ることが大切になってきます。
最近有名な美容成分でプラセンタやサイタイなどが注目されていますが、それらは線維芽細胞を増やす助けをすることが分かっていて、エラスチンやヒアルロン酸、コラーゲンを自ら作り出し、アンチエイジングに良いとされています。
プラセンタやコラーゲンが乾燥肌にももちろんよいとおススメされているのはこのためです。
プラセンタドリンク 効果 比較